• ホーム
  • ボルタレンエマルジェルを直接塗って痛みを抑える

ボルタレンエマルジェルを直接塗って痛みを抑える

歯が痛い男性

ボルタレンエマルジェルは痛みや炎症を抑えることができる治療薬です。
皮膚に塗ることによって有効成分が患部に行き届き、抗炎症作用を発揮することができます。
炎症が軽減するので痛みや腫れなどを和らげることが可能です。
効果効能として筋肉痛や腱鞘炎、関節炎や肩関節周囲炎などに使用することができます。
患部においてアラキドン酸にシクロオキナーゼという酵素が働き、痛みの原因「プロスタグラン」という物質が発生することによって痛みが発生する仕組みです。
有効成分のジクロフェナクナトリウムがこれらの作用を阻害することで痛みや炎症などを改善することができます。
服用方法は、症状によりますが、適量を1日数回痛みのある部位に塗りつけすり込みます。
外用薬なので副作用はほとんどなく、もし使っている間皮膚に発疹やかゆみが生じた場合使用をすぐに中止し医師に相談することをおすすめします。
いくつか注意事項があり、ボルタレンエマルジェルは対症療法、つまり症状を和らげる医薬品になるので病気のそのものを治療したり原因を解消することはできません。
ボルタレンエマルジェルには関節痛や筋肉痛などに有効な抗炎症薬が含まれている外用薬です。
ジクロフェナクナトリウムの有効成分は非ステロイド抗炎症薬で、塗布することにより皮膚から患部に浸透し炎症作用を抑制することができます。
これは炎症の原因であるプロスタグランジン物質の合成を阻害することから炎症を抑制することが可能です。
炎症抑制作用によって腫れや痛みなどが緩和されますが、痛みの症状そのものを完治することはできずあくまでもその症状を緩和する薬になります。
根本的な原因を治すために別の治療が必要な場合がありますが、ボルタレンエマルジェルは腰痛などを改善するのに人気のある医薬品で鎮痛剤が苦手だという人におすすめの治療薬です。
腰痛や関節痛などに効果があり、幅広い世代の人が使っていて副作用の心配がないので安心して利用することができるでしょう。

直接塗ると危険な部位には注意が必要

ボルタレンエマルジェルにはいろいろな効果・効能があり、例えば関節炎や股関節周囲の炎症、腱鞘炎や筋肉痛などに効果があり、外傷後の疼痛や腫れの鎮痛・消炎にも利用することが可能です。
効果には個人差がありますが、塗布することによって症状を改善することができます。
用法用量は1日3~4回適量を患部に塗布していきます。
関節部に塗布する場合周囲全体に広げるようにしてすり込むように使っていくと効果的です。
いくつか注意することがあり、使用した後はよく手を洗い、特に傷口や化膿部、眼や粘膜などには使用しないようにしましょう。
ニューキノロン系の抗菌剤であるエノキサシンなどとは併用しないように注意が必要です。
ボルタレンエマルジェルを使用できない人がいて、例えば鎮痛薬や解熱薬などの服用によって喘息発作を起こしたことのある人やアスピリン喘息の人は使用することができません。
何かしらアレルギーのある人も注意しながら利用することをおすすめします。
医師の観察の元で使用し、何かしら異変を感じたら医師の診察を受けることをおすすめします。
副作用として浮腫や腫張、痒みや皮膚の赤み、荒れなどがあげられるのでこれらの症状が酷く出たら医師に相談しましょう。
ボルタレンエマルジェルは鎮痛剤が苦手の人におすすめの医薬品で、インターネットを利用して個人輸入代行サイトなどで注文することが可能です。
いろいろな個人輸入代行サイトが存在するので、自分に合った店舗を見つけることができるでしょう。
お得なキャンペーンやセット商品を注文することで、コストを抑えることができます。
一度医師から処方された後、自分に合っていればインターネットを利用して注文すると便利です。