• ホーム
  • 解熱鎮痛剤で生理痛は収まるのか?

解熱鎮痛剤で生理痛は収まるのか?

色々な薬

生理痛がつらい時は、カロナールなどの解熱鎮痛剤を服用してみましょう。
腹痛や頭痛がひどかった時でも楽になります。
なぜ、解熱鎮痛剤が生理痛を緩和できるのか不思議に思うかもしれません。
生理痛の主な原因はプロスタグランジンが多く分泌しすぎることです。
プロスタグランジンは、生理の時に経血を子宮外に押し出すために必要な物質です。
しかし、多く分泌してしまうと腹痛や頭痛、吐き気などの症状を引き起こします。
プロスタグランジンを抑える働きを解熱鎮痛剤がしてくれるので効果的です。
生理の時に下痢をしやすくなる女性は多いです。
やはり、プロスタグランジンが多く分泌していることが関係しています。
生理の時の下痢を抑えるためにも解熱鎮痛剤は効果的なので服用してみましょう。
すると、いつも下痢をしていてもしなくて済むはずです。
いろいろな症状がありますが、それらはプロスタグランジンが多く分泌していることが関係しているため、いろいろな症状があっても解熱鎮痛剤を服用するだけで収まります。
たいていの症状は楽になるので我慢しないで服用したほうが良いです。
解熱鎮痛剤と言っても種類はいくつもあります。
成分が違いますので自分の体に合っているかどうかで選びましょう。
カロナールは比較的優しい効き目ですから、他の解熱鎮痛剤を使ってあまり良くないと感じたことがある人は服用してみると良いかもしれません。
生理の前から体調を崩してしまう女性も多いです。
すでに、プロスタグランジンが多く分泌されている可能性があるので解熱鎮痛剤を服用すると楽になるはずです。
まだ、生理が始まっていないから生理痛とは違う対処をしなくてはいけないということではありません。
同じ方法で対処してみましょう。
生活に支障をきたすほどつらい生理痛に悩まされている方もいます。
人によってかなり症状には違いがあります。
なので、本当に効果があるのか不安に思うかもしれませんが、解熱鎮痛剤を服用すれば生理痛は楽になります。

生理痛への効果は個人差によるところが大きい

生理痛と言ってもかなり個人差は大きいです。
ほとんど症状がない人もいれば、うずくまってしまう人もいます。
プロスタグランジンが多く分泌するかしないかは人によって違うからです。
つまり、解熱鎮痛剤を服用したとしても効果は個人差があります。
薬を服用するので副作用にも気を付けなくてはなりません。
カロナールは比較的優しく効く成分が入っていますし、副作用も小さい方なので安心して服用できます。
ただし、全く副作用がないとは言い切れないので注意が必要です。
安全性が高いのですが、嘔吐などすることもあるかもしれません。
生理痛だからカロナールを服用したけれど、あまり効果が出ないと感じることがあるかもしれません。
それだけ効果には個人差があるからです。
人によって体質が違うので、他の解熱鎮痛剤を服用したほうが良い場合もあります。
成分の強さにも違いがあるので、だんだんと効果が出なくなってきたら強い成分が入っている解熱鎮痛剤に変えないといけないこともあります。
しかし、あまりにも生理痛がひどい場合は何かの病気が潜んでいる可能性も否定できません。
解熱鎮痛剤が効かないようであれば、病院を受診しましょう。
婦人科で診てもらって原因を突き止めましょう。
病気が見つかるかもしれません。
婦人科系の病気を患っているのならば、病院で適切な治療を受ければ生理痛が治ります。
病気にもよりますが、治療が終わるまで時間がかかることもあります。
早めに病院に行って診てもらえば早く治るはずです。
生理だから腹痛や頭痛がするのだろうと思わないで、我慢できない時は解熱鎮痛剤を服用したり、病院で治療を受けましょう。
生理痛への効果は個人差が大きいからこそ適切な判断が重要です。