• ホーム
  • 解熱鎮痛剤はインフルエンザの症状に効くのか?

解熱鎮痛剤はインフルエンザの症状に効くのか?

錠剤のスプーンと歯

インフルエンザウイルスに感染すると38度以上の高熱や頭痛、関節痛などの症状が出ることで知られています。
一般的に病院でインフルエンザと診断された場合は、「タミフル」や「リレンザ」といった抗インフルエンザ薬が処方されます。
これは、体内でインフルエンザウイルスが増殖するのを抑制する働くをする薬です。
発症から48時間以内に服用することで発熱する期間が1~2日短縮されると同時に、鼻や喉から排出されるウィルスの量を減少させる効果があるとされています。
しかし、辛い高熱や頭痛などの症状を即座に緩和するなどの効果があるわけではありません。
そうなると解熱鎮痛剤などを使って、熱を下げたいと思うでしょう。
ですが、すぐに鎮痛剤を使うことはおすすめできません。
解熱鎮痛剤にはインフルエンザウイルスを抑える効果はありません。
また、このときに出る高熱には、体がインフルエンザの病原体と戦うための作用を高める効果があるとされています。
ウイルスの増殖を抑える作用、ウイルスと戦う白血球を活発化させる作用、免疫を高める作用の3つの働きを高めるために体温を上げています。
そのため、無理にこの熱を下げてしまうと体がウイルスと戦う力を失ってしまい、結果的に病気を長引かせてしまうことになりかねません。
高熱に耐え得る体力がある人は解熱剤を使わずにウイルスが抜けて自然と熱が下がるのを待ちましょう。
もちろん、体力があまりない人や幼児や高齢者など、高熱そのものに絶えられないという場合には解熱鎮痛剤である程度、体温を下げることは必要になります。
抗インフルエンザ薬と解熱鎮痛剤との併用は認められていて、病院で処方を受けることもあります。
しかし、一般的には「38.5度以上の高熱」が出た場合のみ服用するように指示されることが多いようです。
また、あまりに症状が辛いという時には、市販の鎮痛剤を使用したいと思うこともあるでしょう。
しかし、成分によっては使用を避けた方がいいものもありますので注意が必要です。

解熱鎮痛剤の種類によっては使用できない

既出の通り、抗インフルエンザ薬と解熱鎮痛剤の併用は認められています。
しかし、解熱鎮痛剤や風邪薬の中にはインフルエンザウイルスに感染しているときに使用すると重篤な副作用や合併症を起こす可能性がある成分があります。
その一つが主に乳幼児に起こることが多いライ症候群です。
市販のアスピリンなど解熱鎮痛剤や風邪薬に含まれる成分、アセチルサルチル酸により肝臓の細胞がダメージを受け肝機能障害や精神神経症状を来すことによって起こる症状です。
30%が死に至るという恐ろしいものです。
なお、成人の人でライ症候群を発症する人は稀で、発症した場合でも2週間ほどで回復します。
しかし、成人でも可能性がゼロではないので、アスピリンなどの服用はしない方がいいでしょう。
もう一つ、重篤な合併症として知られているのがインフルエンザ脳症がありますが、こちらも解熱剤の成分として使われるジクロフェナクナトリウムやメフェナム酸などを服用することで重症化しやすいと言われています。
症状としてはけいれんや意識障害、異常行動など精神神経症状が出ます。
やはり乳幼児に発症しやすい症状なので、注意が必要です。
では、インフルエンザにかかった場合にどうしても市販の解熱鎮痛剤を使用したいと思ったときにはどんなものを選べばいいのでしょう。
まずは上記のアセチルサルチル酸、ジクロフェナクナトリウム、メフェナム酸を含まないものです。
具体的にはアセトアミノフェンを主成分とした解熱鎮痛剤です。
これは腎臓や幼児の動脈管収縮などへの影響が少ないとされています。
また、ロキソプロフェンを主成分とした鎮痛剤も使用できます。
しかし、アセトアミノフェンに比べ解熱作用や鎮痛作用が強く、医師によっては使用をすすめないこともあります。
解熱鎮痛剤や風邪薬の成分によってはライ症状やインフルエンザ脳症などのほか、重篤となる副作用が出ることもありますので、高熱が出た場合にはまずは病院で診断を受けるようにしましょう。